11月 10, 2014

EDの診察は案外あっけない

EDは男性の勃起不全を指しており、ストレスやストレスによる血管収縮、また持病による作用としても知られています。
病院での診察を受けての治療が推奨されており、血管を拡張させるための薬を処方したり、ストレスとなる要因を明らかにするといった目的でのカウンセリングが行われています。

しかしながらEDを発症した人の約4割程度しか通院しておらず、その4割ほどの人も通院をためらったことがある人がほとんどです。
診療内容がわからず、自分のプライドを傷つけるような質問をされたり、恥ずかしい思いをするのではないかと疑っていた人がほとんどです。
一方で診療を受けた人の感想として最も多いものがあっけない、というもので診察内容は思っていたよりも淡白だったというケースが殆んどです。
最近ではED治療を専門とする病院などもあり、スタッフから医師まで全てが男性というサービスを提供しているケースが有ります。

またEDの診察内容としては問診が中心となっており、触診などは基本的に無いということもあり、身構えていったのにあっけない内容で気が抜けたというケースが多いのです。
非常にデリケートな問題ですから、医師や病院側も最新の注意を払っているのです。