11月 3, 2014

ED受診を拒む自分に突き刺さる、親友のアドバイス

EDというのはどんな男性でもなりうる可能性があるものです。
基本的にはストレスや配偶者とのトラブルが原因とされており、こうしたストレス的要素を取り去ることが治療への第一歩となります。
薬を服用してストレスによる緊張感をなくしたり、パートナーと医師との話し合いによっての改善率は高いのですがED受診そのものを拒む人も非常に多いのです。

恥ずかしいという気持ちをかかけている人が多くED受診を拒むことでより症状が悪化するケースは珍しいものではないのです。
こうした人達へのアドバイスとしては、まずEDは恥ずかしいものではないということを伝える必要があります。
又場合によってはその人にアドバイスをすること自体を避けたほうが良いケースも有ります。

ED受診は本人の意志で行う必要があり、強制的に受診させるなどするとより悪化することがあります。
またパートナーと共に受診することで効果を高めることが出来ます。
そのため、パートナーがEDについて正しい知識を身につけておくことも重要です。
決してやってはいけないアドバイスはEDであることを責めたり、ストレスをぶつけることです。
あくまでも相手の気持ちを再優先に考えることが重要です。